刷毛

紙全体に水を塗ってぼかしたり、広く描いたり、ぼかしたりするときに使います。

明治期に横山大観らが朦朧体を創始し、ぼかしに使う刷毛の需要が増えたため、絵専用の刷毛がつくられるようになりました。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

16