付立筆

つけたてふでと読みます。
面的な表現、没骨法に使われます。
水墨画・日本画を描く基礎になるもので、花鳥・動物・植物などを描くのに使用します。
穂先を使えば細い線も引けるので、題材によってはこれ1本で作品を仕上げることもできる万能な水墨画筆です。

穂が長めで毛並みがよく揃い、穂の中心部分に腰のしっかりした毛が入っていて描いたときに弾力性があります。筆をひねったときの復元力も抜群です。

初心者の方は、扱いやすい穂が硬めで短いめの「長流 大」がおすすめです。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

10