Q.水墨画で刷毛や連筆は必要ですか?

大きい作品で特別な技法を使って仕上げたいときなどは、刷毛は必要になります。
特に絹本に描くするときは刷毛が必要ですので、1~2本揃えておくと便利です。

連筆は、主に3本・5本・7本・9本があります。
丸筆を使っているだけに刷毛にない厚み感があります。

刷毛が平面的であるのに対し、連筆の場合は筆跡に微妙な調子がでるのが特徴です。

Q.刷毛は水墨画作品でどのような使い方をすればよいですか?

刷毛は広い範囲に水を引く場合やぼかしをするときに便利な道具ですが、筆と同様作画に使います。

Q.木炭はどのように使いますか?

木炭は、水墨画の作画のために画仙紙に下絵を描くときに使ってください。
絵画用の木炭の原料は、柳、桐、ぶどうのツルなどを蒸し焼きにしたものです。
練りゴムで簡単に消すことが出来ます。

Q.なぜ水墨画の下敷きは白色を使用するのですか?

紙を水で濡らすと、下敷きの色が表面に出るので、墨の濃さを判断するには、白色の下敷きが最適だからです。
大きさや厚みは専門店にご相談ください。
書道用の下敷きには、紺色のほか、黒・赤・緑などがあります。

Q.落款のときに使う印はどのようなものがありますか?

書画に使う印には、姓名印・雅号印・関防印(書画の右上に押す長方形の印)・遊印などがあります。
材質は、石・竹・陶器などがありますが、石が一般的です。
水墨画では、過去には姓名印と雅号印を併用して使われいましたが、最近はいずれか1つだけを押すことが多いようです。
関防印は使われるケースが減っています。
遊印は使われることはあまりありませんが、好んで使用する水墨画家さんもおられます。

印の形は、四角に限らず、円形や変形のものもあります。
作品全体の調和を大切にしながら、印の形や押す場所を選んでください。