水墨画道具通販専門店 水墨画入門セット・水墨画用筆・用紙等の通信販売
ご案内 FAX
ホーム水墨画用語集

色遠近法

色の心理効果を利用して、対象物の遠近の距離感を表現する絵画技法です。
色彩の明暗、濃淡などで遠近を表現します。

祝画

民俗信仰や仏教、神話、伝説に基づいて描かれた縁起の良い絵
吉祥画、慶祝画とも言われます。
人智の及ばない自然の驚異に対して、少しでも災厄を逃れ、幸せに暮らしたいと祈願する現世利益的な民間信仰を背景としています。
岩絵の具天然の鉱物を細粉し、精製、乾燥させた絵の具
日本画では岩絵の具が多く使用されてきました。鉱物の粉末であるため、色調に重厚感がでます。

陰影法

方向性のある光が物体を照射したとき、物体によって他のところにできる暗部を「影」物体それ自体の表面にできるものを「陰」といい、これを描写する絵画技法
西洋画ではルネッサンス期に発展した技法

院体画

一般的には中国南宋の画院の絵画様式を指します。
馬遠・夏珪の山水画様式や色彩の美しい花鳥画様式は、日本の室町以降の絵画に影響を与えました。

内隈

隈取技法のひとつ。
墨をつけて描いたものの内側に墨がボヤけて輪郭をつくることを言います。これによって、描いたものに立体感を与え、装飾的、造形的効果がでます。
隈取には、先隈・片隈・両隈・外隈などの技法があります。

 映りこみ実像が水面に映った像
これを表現することにより、水の質感をより鮮明に表すことができます。
実像を濃墨で、水面に映った像は淡墨で描きます。
曲断線を用いてボカして表すことが多いです。
裏打ち

作品の裏に紙を貼ることで、作品の保存、補強をすること
裏打紙には、美濃紙・新鳥の子紙を使用する

裏筆

墨線の両側が濃く、中心を薄くする表現方法
特に竹や樹木の幹を描くのに適しています。
雲烟法雲・もや・霧・霞などを描くことで遠近感をだす方法。
東洋絵画独特の技法で、烟は煙を意味し、深遠に雲を平遠に烟を用います。特に山水画を描く際には欠かせないものです。
筆や刷毛に含ませる水分量を調整し、にじみとぼかしで遠近感をつけます。
絵巻

巻子(かんす 横長の巻物)に描き、広げていくにしたがって物語などを詞書や画図で鑑賞出来るようにしたもの

遠近法

 対象の遠近の距離感を描写する技法。
円相画禅画の画題として取り上げられる抽象画
禅宗で悟りの対象として描く円の画
特に白隠禅師の円相画が有名
黄金分割

 古代ギリシャ人によって発見された最も調和的で美しい1:1.618の比率
長方形の縦と横との関係の最も安定した美観を与える比とされています。

大津絵江戸時代前期から大津追分(滋賀県)で旅人相手に売られていた庶民的な絵画。
界画山水

中国の伝統的な山水画技法のひとつ。
定規で描く繊細な線描画で、主に建築物などの風景画に用います。
均一で整然とした線描きの後、彩色で仕上げます。

芥子園画伝「かいしえんがでん」
中国、清代に王概、王蓍らによって編纂された画譜
歴代名家の筆法を挿入しながら、山水、岩石、樹木などの描写法が解説されています。
文人画の隆盛に大きな影響をあたえました。
介字法竹の葉を描写する基本的な画法のひとつ。
四筆で介の字の形を組み、葉を表現します。
雅印雅号を彫刻した印
書画をかいた際、作品が自作であることを示すために押します。
返し筆人物画の衣文線などに使われる描線
いったん引いた線が止まり、まだ力が残って元の方向へ戻るようなはね方、または返しを示した筆勢。
  
  

※まだ未完成ですので、今後も随時追加していきます。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス