水墨画道具通販専門店 水墨画入門セット・水墨画用筆・用紙等の通信販売
ご案内 FAX
ホームドラッガーの水墨画コレクション

:ピーター・ドラッガーをご存じでしょうか?

ベストセラーになった岩崎夏海さんの小説「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

が知るキッカケになったという方も多いと思います。
「マネジメントの父」とも呼ばれ、世界の企業人に多大な影響を与えてきた経営学者です。

実はそのドラッガー、日本古美術のコレクターでもありました。
たまたま迷い込んだ日本政府主催の日本美術展覧会を見たことがキッカケで、特に室町時代の水墨画に深い関心を持っていたとか。
1959年に初来日、最初のコレクションは式部輝忠の扇面画と清原雪信の芙蓉図です。

コレクションは室町水墨画と、近世の禅画や南画が主で、特に南画はコレクションの3分の1を占めています。
逆に国外のコレクターに人気が高い浮世絵は全くなかったようです。

「コレクションを作るために、最も大切なことは何か」と問われた彼はこう答えています。

「良い先生を見つけること」

ドラッカーは自身の先生として、日本有数の古美術商だった瀬津伊之助や藪本宗四郎や、美術史家の田中一松や松下隆章、島田修二郎、ジョン・ マックス・ローゼンフィールドらを挙げています。


そんなドラッガーの水墨画コレクションをテーマにした作品展が開催されています。


期間:2015年5月19日(火)~ 6月28日(日)
場所:千葉市美術館
時間:日~木曜日 10:00~18:00 金・土曜日 10:00~20:00
料金:一般1,200円 大学生700円 小・中学生、高校生無料

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス